facebook

【2024】Unityは2Dゲームの開発にも使える?開発時のポイントを紹介

Unityは家庭用ゲーム機でも配信されるような、高度なゲーム開発に対応している統合開発環境です。高品質な3Dゲームの開発に用いられているイメージの強いUnityですが、ここで気になるのが2Dゲームの開発にもUnityは活躍するのか、という点でしょう。

この記事では、そんなUnityを使った2Dゲーム開発について、知っておきたいポイントをまとめて解説します。

Unityについて

unityの操作画面

UnityはUnity Tecnologies社が手掛ける、ゲーム開発やその他アプリケーションの制作に特化した統合開発環境(IDE)です。直感的なインターフェースと高度な機能を備え、C#のようなプログラミング言語を適宜使用することで、質の高いゲーム開発ができます。

簡単な操作で高度な3Dグラフィックスの実装や物理演算、音響効果の運用が可能になっており、アセットストアと呼ばれる独自のプラグイン配信プラットフォームを活用することで、高い拡張性を実現できます。初心者・プロを問わず利用できるポテンシャルを備え、世界でも人気の高いゲームエンジンです。

Unityで2Dゲームは作れるのか?

Unityについて調べていると、開発実績として提示される作品の多くは3Dゲームです。しかし、Unityはあらゆるゲーム開発に対応しているゲームエンジンであり、2Dゲームの作成にももちろん対応しています。

2Dゲーム制作に強い機能群を備え、開発者の業務効率向上に貢献します。

【2024】Unityでゲーム開発をする方法!手順とコツを解説

Unityを使って作られた主な2Dゲーム

Unityを使って開発された2Dゲームとしてポピュラーなものとしては、以下のような作品が挙げられます。

  • Getting Over It
  • Among Us
  • Hollow Knight
  • Cup Head

いずれの作品も、PCや家庭用ゲーム機を通じて国内外で広く遊ばれているものであるため、ゲーム開発に興味を持った人であれば一度は遊んだことがある、あるいは耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ナンバリングタイトルにもなっているような大作ゲームは、基本的に各ゲーム会社が自前で開発・運用しているゲームエンジンを使用しているケースが多いのですが、個人開発においてはUnityが圧倒的なシェアを誇っており、最近では大作においても導入される機会が増えてきました。

多くの人に遊ばれるような2Dゲームのヒット作を開発する上で、Unityは申し分ないポテンシャルを有していると言えるでしょう。

Unityを使った2Dゲーム開発のメリット

Unityを使って2Dゲームを開発するメリットとしては、以下のような強みが挙げられます。

専用機能が充実している

Unityは初めて2Dゲーム制作に挑戦する開発者にも使いやすい、豊富な専用機能を提供しています。優れた画像管理ツールやアニメーションツール、物理エンジンが含まれており、キャラクターアニメーションやゲーム内オブジェクトの挙動を直感的に制御可能です。Unityを使うことにより、開発者は高品質で表現力豊かな2Dゲームを容易に構築できます。

クロスプラットフォーム対応が簡単

Unityはクロスプラットフォーム対応機能を標準で備えているサービスです。2Dゲームを開発する場合、スマホやPC、家庭用ゲーム機など異なるプラットフォームでの動作が求められることがありますが、Unityはこれらのプラットフォームへのビルドを簡単かつ効果的に行うことができます。

開発者はほぼ同じコードベースを使用し、異なるデバイスやOSに対応したゲームを提供できるため、市場展開がスムーズになります。

開発コストを抑えやすい

Unityは無料で提供されており、開発者はプロジェクトを開始するために高額なライセンス料を支払う必要がありません。これにより、個人開発者や小規模チームも手軽に2Dゲームの制作に取り組むことができます。

専用のUnityアセットストアを利用することで、ゲーム開発に必要な素材も無料、あるいは安価に手に入れることができるので、専用のデザイナーやアーティストを頼らずとも、個人でゲーム開発を完結できるでしょう。

Unityでの2Dゲーム開発に活用したい主な機能

Unityを使った2Dゲーム開発においては、独自の開発簡略化ツールを有効活用することが大きな効果を発揮します。主な2Dゲーム関連機能には、以下のものが挙げられます。

2Dタイルマップ

2Dタイルマップは、2Dゲーム作りには欠かせない背景やキャラクターが動き回る世界、ステージ構造をペイント機能のようなツールを使って滑らかに描くことができる機能です。

あらかじめ設置したいタイル画像をインプットしておくことで、あとは配置したい箇所に向かってドラッグ&ドロップで2Dタイルを設置することができるため、描画作業の効率を飛躍的に高められます。

2Dアニメーションパッケージ

2Dアニメーションパッケージは、2Dゲームに必要なアニメーション機能を一まとめにしたUnityツールの一種です。少ないアセットしかなくとも柔軟にアニメーションを設計できる機能を使用し、キャラクターやステージ全体に豊かな表現をもたらすことができます。

1フレームごとに細かな描画作業を行うような、負荷の大きな業務から解放された制作が可能です。

Pixel Perfect Camera

Pixel Perfect Cameraは、2Dゲームの醍醐味でもあるレトロゲームの雰囲気を簡単にゲームに実装することができる便利なカメラ機能です。画面エフェクト機能を使用することで、本来の解像度を維持しながら懐かしいぼやけた雰囲気をゲームにもたらすことができます。

Unityの2Dゲーム開発に役立つチュートリアル

Unityはゲーム開発機能本体もさることながら、ゲーム開発を支えるチュートリアルも非常に充実していることで知られています。ここでは,

2Dゲーム開発において積極的に役立てたい、主なチュートリアルを紹介します。

Creator Kit:RPG 2DプラットフォーマーのMicrogame 2D Roguelike
特徴 2DのRPGゲーム開発に必要なノウハウの基礎が詰まったチュートリアル 2Dアクションゲームを自分なりにカスタマイズするためのチュートリアル 2Dローグライクゲームの基本仕様をまとめたチュートリアル

Creator Kit: RPG

2Dゲーム作りを志す上で、まず参考にしたいのがCreator Kit: RPGです。ゲーム開発の基礎をまとめたCreator KitシリーズのRPG版で、2Dの昔ながらのRPGを作りたいと考えている人であれば参考になる、基本の制作方法を紹介しています。

うまく開発が進めば1時間半程度で一本の2D作品を完成させることができるので、作りがいのあるチュートリアルとなっています。

2D プラットフォーマーの Microgame

2DプラットフォーマーのMicrogameは、古典的な2Dアクションゲームのテンプレートを使って、自分なりにゲームをアレンジするためのサンプルチュートリアルとなっています。

ゲーム開発の醍醐味はオリジナリティを自由に発揮できることであり、このチュートリアルではそんなオリジナリティをどのように発揮すれば良いのか、ということを学べる内容となっているのが特徴です。

2D Roguelike

2D Roguelikeは、2Dゲームジャンルとして人気の高いローグライクゲームを作ることのできるチュートリアルです。ローグライクならではのゲームの仕様を実装するにはどうすれば良いのかを学べるため、こういったジャンルに興味のある人にとっては有意義なチュートリアルとなるはずです。

そのほかのゲーム開発の方法については下記記事でも紹介しています。

【2024】ゲーム開発する方法3選!必要なものや便利なソフト

質の高い2Dゲーム開発をUnityで実現するためのポイント

アセットストアの画面

このように、Unityを使用することで開発者は質の高い2Dゲーム開発を効率よく進めることができます。また、2Dゲーム開発を成功に導く上では、以下のようなポイントも押さえておくことが大切です。

C#言語を使いこなせるようになる

Unityは便利なゲームエンジンで、ゲーム開発の障害となりやすいプログラミングも、ノーコード開発を実現することである程度解消することができています。ただ、Unityを使う場合でもある程度プログラミング言語に関する知見があれば、より柔軟に2Dゲームを作ることができるでしょう。

Unityで使用されているC#言語は、プログラミング言語の中でも比較的学習が容易とされている言語です。苦手意識のある人でも学びやすい言語なので、チュートリアルを参考にしながら使いこなせるよう学習を進めましょう。

アセットストアを有効活用する

2Dゲーム作りに欠かせない豊富なテクスチャやキャラクターデザインを気軽に手に入れられるのが、Unityアセットストアです。Unityアセットストアには有料のデザインはもちろんですが、中には無料で使えるデザインも豊富に陳列されているので、積極的に活用したいところです。

例え有料のものを購入する場合でも、アーティストに制作を依頼するよりは遥かに安価であるため、コスト削減において役に立つはずです。

アイデアベースでゲーム開発を進める

優れたゲームを作るためには、美麗なグラフィックなどは重要ではあるものの、最も大切なのはやはりアイデアです。自分はどんなゲームを作りたいのか、どんなゲームで遊びたいのかを真剣に考え、それを具現化するためにUnityを使うというアプローチが、名作とよばれる2Dゲーム作品を世に送り出す上で重要なアプローチとなるでしょう。

Unityの2Dゲーム開発についてのまとめ

この記事では、Unityを使った2Dゲーム開発についてのポイントをまとめて紹介しました。Unityは高度なゲーム開発が可能なサービスで、初心者でもチュートリアルを活用することで、簡単にゲームを一本作ることができます。

2Dゲームに特化したUnityの各種機能をうまく使いこなしながら、他にはないオリジナルの一本を制作してみましょう。

最新情報をチェックしよう!