facebook

【2024】Premiere Proで便利なショートカットキー・設定方法を紹介

Premiere Proには、作業効率を向上できる便利なショートカットキーが用意されています。
ショートカットキーは自分でカスタマイズすることもでき、利用者が使いやすく設定できます。

しかし、Premiere Pro利用者の方は「どのショートカットキーを覚えればいいのかわからない」という悩みもあるでしょう。
当記事では、Premiere Proで便利なショートカットキーや設定方法について詳しく紹介します。

ショートカットキーが効かないときの対処法まで紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

Premiere Proのショートカットキーとは

Premiere Proのショートカットキーとは

Premiere Proのショートカットキーとは、特定の機能を動作させるためのキーです。
キーボードから複数のキーを同時押しすることで、機能を動作できる仕組みとなっています。

Premiere ProはMacとWindowsによって専用のショートカットキーが用意されており、OSによって押すキー(CommandとCtrl)が異なります。
ショートカットキーを利用すれば、メニューを開いて機能を利用する手間がなくなるので便利です。

Premiere Proのショートカットキーは、PhotoshopやIllustratorといったAdobeソフトでも同様に利用できます。
よく使うショートカットキーを覚えておけば、普段の作業効率が大幅に向上するでしょう。

【2024】Adobe Premiere Proの使い方・動画編集のテクニックを解説

Premiere Proのショートカットキーを利用する3つのメリット

Premiere Proのショートカットキーを利用する3つのメリット

Premiere Proのショートカットキーを利用すると、以下のような3つのメリットがあります。

  1. 作業効率が向上する
  2. 必要な機能・ツールを手軽に利用できる
  3. 自分でショートカットキーをカスタマイズできる

それでは順番に説明します。

1.作業効率が向上する

ショートカットキーを利用すれば特定の機能をすぐに使えるため、作業効率が向上します。
通常ではメニュー画面から機能を選択する必要があるので、作業に集中したい方にとっては手間となります。

ショートカットキーなら時短で機能を使うことができ、利用者は作業に専念できるのです。
また、Adobeショートカットキーは、普段パソコンで利用するショートカットキーと似ています。

そのためショートカットキーを覚えれば、Premiere Pro以外の作業でも効率良く進められるでしょう。

2.必要な機能・ツールを手軽に利用できる

ショートカットキーなら必要な機能・ツールを手軽に利用できるため、探す手間がなくなります。
Premiere Proには豊富な機能やツールが搭載されているので、自分で探すと時間がかかってしまいます。

ショートカットキーなら複数のキーを同時押しすれば、必要なタイミングで機能やツールを利用可能です。
使いたい機能・ツールを手軽に利用できる点は、ショートカットキーの良いメリットです。

3.自分でショートカットキーをカスタマイズできる

Premiere Proでは、使いやすいように自分でショートカットキーをカスタマイズできます。
ショートカットキーをカスタマイズすれば、普段利用することが多い機能・ツールを割り当てられる様になります。

Premiere Proには既存設定があり、ショートカットキーがすでに割り当てられています。
自分でショートカットキーをカスタマイズするときは、割り当てたキーが重複しないよう注意が必要です。

使いやすく自分でショートカットキーをカスタマイズできる点は、利用者によって大きなメリットといえるでしょう。

【2024】Adobe Premiere Proで動画にテロップを追加する方法を解説

Premiere Proでショートカットキーを利用するときのコツ

Premiere Proでショートカットキーを利用するときのコツ

Premiere Proでショートカットキーを利用するときは、以下のようなコツがあります。

  • はじめから全てを覚える必要はない
  • ショートカットキーを印刷すると覚えやすい

それでは詳しく解説します。

はじめから全てを覚える必要はない

Premiere Proには多くのショートカットキーが用意されているため、はじめから全てを覚えることは難しいです。
一気にショートカットキーを覚えようとすると、利用するときに何のキーを押せばいいのかわからなくなってしまいます。

まずはよく使うキーを中心に覚えていき、余裕があれば新しいものを勉強すると良いでしょう。
とくにファイルの保存や1つ前の作業に戻るといったショートカットキーは、Premiere Proでよく使われます。

はじめから全てを覚えようとせず、よく使うショートカットキーから覚えていきましょう。

ショートカットキーを印刷すると覚えやすい

Premiere Proのショートカットキーが覚えづらいときは、印刷して覚えることをおすすめします。
Premiere Pro ではショートカットキーをドキュメントにコピー&ペーストできるため、簡単に印刷できます。

PDFとして保存することもできるので、パソコンの画面上に表示しながらショートカットキーを覚えることも可能です。
ショートカットキーは豊富にあることから、効率良く覚えたいなら印刷をしてみましょう。

Premiere Proで覚えておくと便利なショートカットキー

Premiere Proで覚えておくと便利なショートカットキー

こちらでは、Premiere Proで覚えておくと便利なショートカットキーについて紹介します。
よく使われるショートカットキーを覚えておけば、Premiere Proの作業効率を向上可能です。

代表的なショートカットキーを表にしてまとめたので、ぜひチェックしてください。

ショートカットキー【Mac/Windows】 動作
Command+C、Ctrl+C コピー
Command+V、Ctrl+V ペースト
Command+A、Ctrl+A 全選択
Command+Shift+A、Ctrl+Shift+A 選択解除
Command+S、Ctrl+S 保存
Command+Shift+S、Ctrl+Shift+S 別名で保存
スペースキー 動画の再生
L 動画の早送り
Command+Z、Ctrl+Z 取り消し
Command+M、Ctrl+M メディアの書き出し
Command+N、Ctrl+N シーケンスの新規作成
I インをマーク
O アウトをマーク
Command+Q、Ctrl+Q 終了

CG/空間デザイン/ゲーム開発に関する
無料相談窓口はこちら

Premiere Proでショートカットキーを設定する方法

Premiere Proでショートカットキーを設定する方法

Premiere Proでは、自分でショートカットキーを割り当てることができます。
ショートカットキーをカスタマイズすれば、自分好みに使いやすくすることが可能です。

Premiere Proで新しいショートカットキーを設定するときは、以下のステップでおこなってください。

ステップ①Premiere Proを開く

Premiere Proを開く

Premiere Proのアプリケーションを開き、新規プロジェクトを作成します。

ステップ②キーボードショートカット画面を開く

キーボードショートカット画面を開く

上部「Premiere Pro」メニューにマウスカーソルを合わせて「キーボードショートカット」を選択する

ステップ③任意でショートカットキーを変更する

任意でショートカットキーを変更する

ショートカットキーを変更します。

ステップ④設定したショートカットキーを保存する

設定したショートカットキーを保存する

「別名で保存」をクリックして設定したショートカットキーを保存します。

以上の手順で、新しいショートカットキーを設定できます。
紫色に表示されたキーはアプリケーション全体、緑色で表示されたキーはパネル固有で利用できるショートカットキーです。

ショートカットキーを設定するときは、すでに反映されているものと重複しないように注意しましょう。
Premiere Proのショートカットキーの設定について詳しく知りたい方は、以下の参考動画も合わせてご覧ください。

Premiere Proで設定したショートカットキーを削除する方法

Premiere Proで設定したショートカットキーを削除する方法

Premiere Proで設定したショートカットキーが不要になったときは、自分のタイミングで削除できます。
ショートカットキーを削除するときは、キーボードショートカット画面を開いて削除したいキーを選択します。

そして「削除」をクリックすれば完了です。
警告画面が表示されることもあるので、問題なければそのまま「削除」をクリックしてください。

もしPremiere Proのショートカットキーをデフォルトに戻したいときは、上部「編集」メニューから「キーボードショートカットメニュー」を選択します。
画面が表示されたら「Alt」キーと「Option」キーを同時押しして「初期化」ボタンを押せば完了です。

Premiere Proでショートカットキーが効かないときの対処法

Premiere Proでショートカットキーが効かないときの対処法

Premiere Proでショートカットキーが効かないときは、以下のような対処法を試してみましょう。

  • ショートカットキーの割り当てをチェックする
  • キーボードレイアウトの表示をチェックする
  • 全角文字入力の状態になっていないかチェックする

ショートカットキーに関するトラブルが発生したなら、ぜひ試してください。

ショートカットキーの割り当てをチェックする

パソコン上で割り当てられているショートカットキーが競合していると、正しく反応しない原因となります。
自分でショートカットキーをカスタマイズすると、競合がしやすくなるので注意が必要です。

ショートカットキーの割り当てを間違えたときは、設定から一度初期化することをおすすめします。
ショートカットキーをカスタマイズしたままにしたいとなら、個別にチェックするようにしましょう。

キーボードレイアウトの表示をチェックする

キーボードレイアウトは、使用しているハードウェア(パソコンやタブレット)によって最適なものを表示します。
キーボードのサポートがないハードウェアでは英語のキーが表示されており、ショートカットキーが動作しないこともあります。

日本語のキーボードを使っているときは、キーボード設定が日本仕様になっているかチェックしてみましょう。

全角文字入力の状態になっていないかチェックする

Premiere Proのショートカットキーは、全角文字入力の状態になっていると反応しません。
Macであれば「英数」、Windowsなら「半角/全角」を押して、再度ショートカットキーを押してください。

それでもショートカットキーが反応しないときは、キーボードに問題がないかチェックしてみましょう。

Premiere Proのショートカットキーについてまとめ

今回は、Premiere Proで便利なショートカットキーや設定方法、効かないときの対処法まで詳しく紹介しました。
ショートカットキーを利用すれば、特定の機能を簡単に使えるようになります。

Premiere Proの作業効率も向上するため、動画編集のスピードも自然と上がります。
ぜひ当記事で紹介したショートカットを参考にしながら、Premiere Proで効率良く動画編集をはじめましょう。

CG/空間デザイン/ゲーム開発に関する
無料相談窓口はこちら

【2024】Premiere Proで便利なショートカットキー・設定方法を紹介
最新情報をチェックしよう!